ベトナムの不動産に50億ドル以上が注ぎ込まれた

過去には、ベトナムの不動産市場は多くの日本人投資家に魅了されていないようだが、今のところ反対になっているようだ。過去数年間、市場は多数の大規模なプロジェクトを通じてベトナムの不動産への強い資本流入を目撃してきた。
市場は、大きなプロジェクトを通じてベトナムの不動産市場への強い資本流入を目撃した。
日本の首都がベトナムの不動産に資本を注入
外国投資部門の統計によると、2018年の最初の6ヶ月間に、不動産部門の外国直接投資(FDI)は55億4000万ドルに達し、総投資資本の27.3%を占めた。サイン。この資本金で、不動産は各加工業界の後で2番目に大きい外国資本です。
投資面では、日本は、ベトナムにおける投資プロジェクトを行う国と地域の中で第一位であり、総投資額は6.74億ドルであり、そのうちベトナムの不動産日本人の好きなケーキです。
ベトナムの不動産市場は多くの日本人投資家には興味がないようですが、逆になります。過去数年間、市場は多数の大規模なプロジェクトを通じてベトナムの不動産への強い資本流入を目撃してきた。
最近、日本企業が投資した総投資額4兆1,380億ドルのハノイ、ドンアーン地区のハイボイとヴィンゴコクネス、スマートシティプロジェクトに投資証明書が与えられました。外国投資部によると、これは2018年上半期の最大の外国直接投資プロジェクトである。
今年9月には「スーパー」プロジェクトが始まる予定です。プロジェクトは5つの段階に分かれており、スミトモとベトナムのパートナーであるBRGグループは、約271ヘクタールの地域でプロジェクトの「中核」部分を構築する第1段階を実施しています。
もう一つ注目すべきことは、野村不動産(日本)がホーチミン市第1地区の中心にあるSun Wah Towerに24%の株式を購入すると発表したことです。
野村不動産アジアは取引価値を開示していないが、アジア太平洋地域で初めてのオフィスビルを買収したと述べた。 Sun Wah TowerはNguyen Hueの歩行者通りにある地区1の中心地に建てられ、完全なインフラと近代的な施設に囲まれています。
野村不動産アジアは、第1地区のオフィスビルを買収することに加えて、近くのミッドタウン・コンプレックスを開発するためにプー・マイン・コーポレーションと協力しているとも述べています。
これまで2014年まで、日本の投資家はナム・ロング、アン・ジア、ティエン・ファット、ホアなど現代的な住宅プロジェクトを開発するために、国内の多くの不動産と手を結びましたBinh、Phuc Khang、BRG …そこに止まらず、日本の投資家はダナンとフーコックのホテルやリゾートプロジェクトを開発するために、より多くの投資資金を費やしています。
今年の初め、ミカスキー(日本)は、ダナンの観光プロジェクトに1億ドル以上を投資する計画を発表した。これは2017年のダナンの観光における不動産投資の最大額と見なされています。
6月下旬、日本の日野グループは、地元の投資家と契約して、和風の家を持つ不動産プロジェクトを実施しました。それ以前には、不動産分野の日本企業との一連の他の不動産プロジェクトが締結されました。
なぜベトナムの不動産が日本の「巨人」を惹きつけているのですか?
不動産コンサルタントJLLベトナムの調査によると、2014年から2016年にかけて、外国投資家がベトナム市場の不動産プロジェクトを観察し注意を払う傾向投資資本の流れは非常に重要です。最も顕著なのは日本、韓国、シンガポールなどのアジアの投資家です。
不動産市場、ベトナム全体のインフラストラクチャ、特にホーチミン市の日本企業の代表者は、日本のビジネスにとって魅力的です。統計によると、ベトナムにおける日本の投資資本は最近、強く増加し、他の国々を凌駕して最大の投資家がベトナムに「資金を注ぐ」ことが示されている。
地元の専門家によると、ハノイやホーチミン市などの大都市は、人口規模と経済規模が大きい。安定した経済成長が中流階級の拡大につながり、新しい都市交通システムを含むインフラ整備の需要を促すことで、これらの市場は今後も続くと予想されます。住宅およびその他の不動産に対する需要の増加。
最近の昇進では、日本政府は現在、不動産事業を支援していると、国土交通省坂木真一副課長は述べている。海外への投資を促進する資本。また、日本は大規模な衛星都市の開発に豊富な経験を有し、その技術を海外に輸出しようとしている。
株式購入、資本拠出、プロジェクト開発融資の形態に加えて、日本企業も土地評価技術を移転してベトナムの不動産市場に参加し、都市化を加速させる。そして金融業界。
日経新聞によると、ベトナムの不動産価格は都市の都市化過程に追いついているが、政府が設定した土地価格は実質市場価格を反映しておらず、これは、全米のビジネスにおける土地利用の標準的な尺度の欠如につながる。
したがって、日本政府は、不動産の評価においてベトナムを支援する。日本経済新聞社は、日本の国土交通省の目的は、日本企業のための機会を増やすことだと語った。このイニシアチブは、不動産開発業者、建設会社、システム開発者、金融機関など多くの企業にとって有益であると期待されています受け入れる
グエン・カーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です